ゴルフクラブの種類について

ゴルフクラブの種類は様々な種類があります。 しかし初心者では何がよくて何がダメなのか、というのは良く分からないでしょう。 人によっては向き不向きもありますので、クラブの特性を知っておくことが大切です。 大まかに以下のように分かれてきます。 クラブにはウッドとアイアン、パターの3つに分類されます。 ウッドとは、飛距離を出せるクラブです。 その中にもドライバー、フェアウェイウッドというものにも分けられます。

一番最初に大きく飛ばす際に使われ、一際大きく長く作られています。 その分当てることが難しいのですが、当てることが出来れば大きく飛ばすことが出来ます。 次に、アイアンと呼ばれるものです。 これは狙った場所へと飛ばすクラブです。 ヘッド部分が平べったく、ウッドより短くなっています。 バンカー脱出用して必要なサンドウェッジ、通称SWと呼ばれる種類です。

最後にパターです。 これはよくテレビでも使われているところが分かりやすいと思いますが、ボールを転がすためのものです。 グリーンに乗るとつかわれます。 これでカップに入るまでプレーすることになります。 基本的には、合わせて12本を目安に購入しましょう。 ゴルフは慣れてきて上達していくと、欲しいと思うクラブが出てきますので、その際に買い足す、という方法が最善です。 それまでは感覚を掴むために、使いやすいものを使うようにしましょう。 そうすれば、クラブの役割を理解することも出来ていきます。